個人で対処|個人で行なう対策では効果がない|鳩を寄せ付けないようにする方法

個人で行なう対策では効果がない|鳩を寄せ付けないようにする方法

個人で対処

ハチ

バズーカ方式が評価

スズメバチなどの毒針を持つハチを見かける頻度も高く、駆除・退治することが必要な場合も、場所や危険度によってあります。例えば、何度も刺したり噛み付くスズメバチの場合、防護服を身に付けずに駆除・退治する場合、厚手の生地でも容易に針が貫通するため、個人での対処には危険が伴います。専門的な業者に処理してもらうのが重要ですが、飛び回るハチの駆除・退治に速効性があるのは殺虫剤です。例えば、致死効果のあるフタルスリンやモンフルオロトリンなどの有効成分を配合した殺虫剤の特徴として、バズーカ方式が採用されています。大量に、そして遠くで飛び回るハチに噴射することができ、使い勝手からも人気を集めています。手の届きにくい所を飛び交うため、近づくのに警戒したいハチの退治に適しています。

匂いにも敏感

ハチの退治時には身に付けている衣服の色に注意するだけでなく、匂いにも敏感に反応するため、防護服が必要不可欠です。もちろん、駆除業者であれば防具を身に付けて対処してくれます。また防護服に白が用いられているのは黒色に反応する習性からで、人工的な匂いも嫌います。逆に柑橘系の匂いを好むため、女性の香水などで誘引してしまうケースも実際に挙げられています。また意外と知られていないのが、刺激を与える動きや音です。大声で叫ぶ・走るなどのオーバーアクションは、攻撃していると誤解され、襲撃される場合もあります。退治することも大切ですが、身の危険を感じた場合にはゆっくり後方へと下がる・後退するなど、視界から逃れるのが大事です。特に庭木に巣を作る偵察中の場合、吊るすだけの特殊誘引剤や駆除と予防のW効果のある殺虫剤による予防策も積極的に取り入れましょう。ハチは飛び回るため、広角噴射させて自分の身を守ることもポイントで、退治するタイミングとしてはハチの動きの鈍る夕方以降の時間帯が適しています。