個人で行なう対策では効果がない|鳩を寄せ付けないようにする方法

個人で対処

ハチ

ハチ退治や駆除は専門家に任せることも必要ですが、一般家庭では強力な殺虫剤が利用されています。霧状で噴射される有効成分による退治で、飛び交うハチのみならず、巣も駆除することもできるなど、予防から使える退治アイテムが人気です。

もっと読む

個人でできる対処

はと

習性を見る

都心を含め、近年鳩の被害が度重なり、駆除業者への依頼が増加傾向ですが、費用も掛かるために個人で対処する方法が一般化しています。日本全国に生息するのはドバトで、雑食性で繁殖力もあり、都市部ではエサも豊富なことからも駆除の効果も半減するなどの特徴があります。鳩の対策として個人向けにできる事柄には、習性を知ることがポイントです。天敵に襲われない安全な場所に巣を作るため、下見を行いながら最適な空間を探します。人の気配がしない、物が乱雑に放置されているなど、鳩にとっての安全な場所は手入れがされていない場所です。特にベランダは対策が必須な場所で、偵察しながらフンや羽などを落とし、衛生上でも問題化します。対策として、安全で居心地の良さを感じさせないことが重要で、フンや抜けた羽を発見した場合にはこまめな掃除を行うことが得策です。

グッズを活用

平和の象徴の鳩ですが、エアコンの室外機の裏に寝床が作られた被害も多数あります。飼育できる鳥ではなく、野鳥に分類されているのがネックと言われ、巣作りや産卵などによる捕獲や駆除は基本、できないのが問題化されています。ですが、うるさくて眠れない・フンが洗濯物を汚すなどのトラブルも増加しています。個人で対策しても舞い戻るケースもありますが、駆除しなければ鳥インフルエンザ・クリプトコッカスなどの感染病の心配も起こってしまいます。対策として、最も人気があるのは鳩避けネットの設置です。穴やキズなどを付けずに設置できるのが魅力で、侵入してくる隙間を完全にネットで塞ぐことで対処できます。ネットを張るだけの快速性と、安全性にも配慮できます。ネットの色も黒や茶、緑などの美観を損ねない色もあり、極細からネットの糸の太さが選べるなど、鳩の大きさにあわせた防御効果に優れています。ホームセンターなどで手に入るのも支持されている理由です。また、すぐにでも被害を防ぎたいというのであれば、プロの専門業者に依頼して駆除してもらうのが得策です。プロの専門業者では、駆除を行なってくれるだけでなく、様々な対策法を知っているため対策についてのアドバイスがもらえます。相談だけでも、問い合わせることが可能であるため、まずは専用のフリーダイヤルに電話をしてみるとよいでしょう。また、駆除の依頼をする際には、信頼できる業者を選ぶことが大切です。

被害には適切な対処が大事

白蟻

家を侵食するシロアリは、放置すると大きな被害をうむことがあります。被害にあっている可能性がある場合は、早急に適切な対処をしましょう。駆除する時は、専門知識やノウハウを持っている業者に依頼するのが確実で安心です。

もっと読む

害獣の駆除の仕方

散布機を持つ人

害獣駆除は一筋縄ではいかないことがあります。完璧に駆除するためには業者に依頼するのが一番です。学習能力の高い害獣も多いですから、一度駆除に成功しても戻ってくる可能性があります。保証のついた業者に依頼しましょう。

もっと読む